HOME


自死遺族のつどい
 多くの「自死」は、個人の自由な意思や選択の結果ではなく、社会的要因を含む様々な要因が複雑に関係して、心理的に追い込まれた末の死です。

 自死や心の病に対する社会の偏見が強いこともあり、ご遺族の中には自死したことを言えず封印してしまう方もいます。自死は、閉ざされた死、隠された死とされます。

 自死は、事故等の突然死よりも強烈な衝撃を受けます。「眠れない」「食欲がない」「抑うつ」など様々な身体的症状や心理的・精神的症状が現れることも当然なことです。中には、うつ病や不安障害などで治療を要する方もいます。

 心の安らぎを取り戻すためには、自ら命を絶たれた方々のご遺族等が、安心して語り合うことを通して悲しみをわかち合い、共に支え合うことが大切です。

 わかち合い「ハートの海」は、安心して語り合うことが出来る場所です。
大切な方との思い出や残された悲しみや苦しみを、お互いに共感することによって、心の安らぎを取り戻していただくことを願っています。

ひとりで苦しまないで、参加してみませんか。お待ちしております。



自死遺族のつどい(わかち合い「ハートの海」) 開催予定

★ 佐賀市
開催日:毎月第4土曜日 13:30〜16:00(受付 13:00から)
場 所 :アバンセ(佐賀市天神3−2−11)


参加条件:大切な人を自死で亡くされた方

当日参加も出来ます。



運営等
・佐賀いのちの電話のボランティアが運営しています。
・宗教団体とは関係ありません。

約束事
この会では、安全で安心して本音で話せる場を作るため、いくつかの約束事項を大切にします。
・匿名での参加も可能です。
・話の内容はその場だけに留め置き、外部に漏れることのないよう、参加者同士での守秘義務を守ります。
・人の発言を批判・攻撃はしません。
・人の体験等に対して質問はしません。
・話したくない時は聴くだけでもいいです。



◇問合せ・相談先◇
社会福祉法人佐賀いのちの電話
自死遺族支援 わかち合い「ハートの海」

電話:0952−34−4186
(事務局:平日11:00〜16:00)

http://www2.saganet.ne.jp/lifeline-1998/